和の宿 ホテル祖谷温泉にお得に宿泊 GO TO トラベル 2020年10月徳島旅行

祖谷温泉 徳島のこと

こんにちは☺まめおはぎです。2020年10月徳島県の旅行記と紹介です。

まめおはぎ
まめおはぎ

GO TO トラベルキャンペーンを利用しての旅行です。

GO TO トラベル

一休.comで予約!GO TO トラベルキャンペーンを利用

初めて『GO TO トラベルキャンペーン』で予約しました。

夫taka
夫taka

GO TO トラベルキャンペーンで何?

簡単に言うと、国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を国が支援してくれるキャンペーンです。

  • 1人1泊あたり2万円までが上限です。※日帰り旅行については1万円
  • 支援額の7割は旅行代金で割引してもらえ、3割は『地域共通クーポン』を付与されるので、美味しい食事をしたり、お土産買ったりなど、旅行先で使えます。
  • 利用回数制限がないので、何度でも使えます。
  • 連泊の旅行でも使えます。

次男S
次男S

つまり、旅行代金と地域共通クーポンを利用すると、半額で宿泊できてしまう、超お得キャンペーンなのです。

私は今回『一休.com』で予約しました。旅行会社などにより、交通機関とホテル(旅館)のセットのプランもあるようです!その場合は飛行機、電車、バス、旅客船、タクシー、高速道路などが宿泊とのセットプランで対象になっているようですよ。
私は、一休.comでホテルのみの予約をしました。

和の宿 ホテル祖谷温泉

和の宿 ホテル祖谷温泉

大人1人35,750円だったので、35%割引で12512.5円の割引。それを4人分で50,050円割引になってます。一休.comはポイントを即時利用できるのでさらに3,575円使ってお得!結局1人、約22,344円で予約できました。

地域共通クーポン』も宿泊翌日に高知県のひろめ市場に行き、きっちり使いきってきましたよ!

地域共通クーポンでひろめ市場 GO TO トラベル 2020年10月高知旅行
こんにちは☺まめおはぎです。2020年10月高知県で地域共通クーポンを使ってみました。その時の旅行記と紹介です。 GO TO トラベル 地域共通クーポンGET(電子クーポン) 2020年10月1日より地域共通クーポンの配布...

今回運よく予約できましたが、空室はかなり少ない状況でした。なるべくならいいお部屋を予約したくて探したのが、『花伝』展望風呂付客室。もっといいお部屋もあるようでしたが、空室なし!『GO TO トラベルキャンペーン』で予約がすごいみたい。いつもより結構苦労して宿泊プランを探しました。

和の宿 ホテル祖谷温泉(公式)

和の宿 ホテル祖谷温泉

鳴門市行列のお店『びんび家』で海鮮三昧 GO TO トラベル 2020年10月徳島旅行
こんにちは、まめおはぎです☺2020年10月徳島県鳴門市にある『びんび家』という海鮮料理のお店に行ってみました。徳島旅行のホテルに向かう道中で昼食にしようと見つけたお店です。鳴門市を訪れたらぜひ立ち寄ってほしい「びんび家」をご...

お湯がすばらしい!徳島県 和の宿 ホテル祖谷温泉に宿泊

和の宿 ホテル祖谷温泉

宿泊は、秘境祖谷渓の一軒宿『ホテル祖谷温泉』です。旅館内のケーブルカーで源泉掛け流しの露天風呂に行く珍しい温泉です。

『一休.com』で絞り込んで出てきたお宿。徳島県での宿泊は今回初めてです。夫婦+次男S+おばあさんの4人での旅行です。

車での移動で、何もない、建物もない山道をひたすら走ります。峠道で道が細くなっていたり、急カーブだったりして『こんなところにホテルがあるのか・・・?』と少し不安になりながらも進んでいきました。

祖谷温泉 小便小僧

途中、こんな小便小僧の像がありました。かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られた小便小僧だそうです。

山道進んでいる時の景色は素晴らしく、山頂から流れてきている水の音で『癒されるね~』と言いながら、『和の宿 ホテル祖谷温泉』に到着します。

和の宿 ホテル祖谷温泉

コロナ対策されているが少し密 フロントでチェックイン

和の宿 ホテル祖谷温泉

ホテルに入りフロントでチェックインです。ロビーは広くないのに何組かの宿泊客がチェックインの手続きをしていました。私たちだけで4人。他にも5~6人くらいの人と、スタッフの方がいたので、少し密になっていました。外で待つエリアを用意するとか、何か工夫があるといいですね。

フロントには飛沫防止のアクリルパネルがされておりました。

和の宿 ホテル祖谷温泉

接触を減らす為だと思いますが、サクッと説明していただき、可愛いネパール人の中居さんにお部屋まで案内していただきました。

こじんまりしているけど綺麗!『花伝』502号室のお部屋

和の宿 ホテル祖谷温泉

館内は階段しかなく、4階がロビーでお部屋は5階。1階上がるだけでしたが、今回おばあさんも一緒な為、不便さを感じました。キャリーバッグを2つ持っていたのですが、バッグはスタッフの方が運んでくれましたので小さい荷物だけ自分で持っていきました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

中に入ると客室はこのような感じです。予約時に見た画像より少し狭く感じました。2人で宿泊なら十分かもしれませんが、私たちは4人でしたので、畳に布団を4組敷くといっぱい・・・(T T;)

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

部屋にはマッサージチェアーがありました。壊れ気味のリモコンのボタンを強めに押すと起動します。(^▽^;) 窓を開け、山の景色を見ながらリラックスできました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

お部屋からのマウンテンビュー。壮大な景色です。

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

癒し音楽のCD&プレイヤーや、ドリップタイプのコーヒーメーカーなども用意されておりました。専用カプセルはコーヒーと煎茶とありました。昔は部屋に着くと中居さんがお茶をいれてくれることがよくありましたが、今はこういった感じが多くなってきてますね。個人的にはこちらの方が嬉しいです。

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

和の宿 ホテル祖谷温泉 花伝

朝9時に三重県を出発し、昼食&休憩しながら、ようやく徳島県と思ったらぐねぐねの山道で到着は16時。少し疲れました。お付きのお菓子とコーヒーで休憩です。(〃´o`)=3

気を取り直して洗面所です。アメニティーが充実してます。

和の宿 ホテル祖谷温泉 洗面所

和の宿 ホテル祖谷温泉 洗面所

和の宿 ホテル祖谷温泉 洗面所

箱を開けるとシャンプー、コンディショナー、ヘアブラシ、シャワーキャップ、ひげそり、綿棒、コットンなど沢山はいってました。お風呂にも別でシャンプー、コンディショナー、ボディソープがあります。

和の宿 ホテル祖谷温泉 洗面所

メイククレンジングジェル、泡の洗顔料、化粧水、保湿ジェルも備え付け!普段使っているものを持ってきている為、あまり備え付けのものは使わないのですが・・・

和の宿 ホテル祖谷温泉 洗面所

これはなんだか良さそう。温泉から生まれた化粧品『Mizu Monogatari』というのに惹かれます。きっちり使わさせていただきました。ベタベタせずサラッとした使い心地。こちらは売店でも販売されてましたよ。

和の宿 ホテル祖谷温泉 部屋風呂

おばあさんも展望風呂を満喫しておりました。お部屋の展望風呂からも山の景色が眺められます。大きな窓付きなので、全開に開けて山の空気を吸いながらリラックス・・・と思いきや、結構小さな虫が入ってきます。( ;∀;)


夕食『阿波牛・鹿肉・あめご』阿波会席プラン

和の宿 ホテル祖谷温泉

夕食はフロントがあった4階の『Café Dining HANA』でいただきます。食事は18時からと19時からと2部に分かれており、ソーシャルディスタンスを保つ為、テーブルとテーブルの間隔を開けての食事でした。なので人でごちゃごちゃしてなく、ゆっくり食事できました。

ホテル祖谷温泉の料理は、地元野菜に拘っているそうです。夏場はが食べれたそうなのですが、この時期はあめごと言う魚だそう。私は初対面の魚です。(^^)阿波牛というブランド牛の鉄板焼きもあるそうで、楽しみです。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

おしながき。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

前菜です。柿の中に白和えが入ってます。柿の器まで食べられましたが、すごく甘くて美味しかったです。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

夫taka
夫taka

土瓶蒸し、やばい

土瓶蒸し好きの夫が嬉しそうにしてました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

祖谷の伝統郷土料理 そばすべし。出汁とそば粉の汁物です。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

手書きのメッセージカードも添えられてました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

ジビエ好きの私はこの鹿肉ローストをお替りしたかった。柔らか~いお肉でした。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

こちらがあめごのお造り。私はあめごと言う魚を知らず、初めて食べましたが非常に美味しい魚です。川魚をお刺身で食べることがなかったのですが、癖になりそうです。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

あめごの塩焼き。演出がいいですね。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

阿波牛のサーロインと阿波尾鶏の鉄板焼き。阿波踊りにちなんでいるそうです。阿波牛は霜降りお肉です。今までにいい肉はたらふく食べてきましたが、40歳超えた頃から、霜降りのお肉を胃が受け付けず、あまり食べられなくなりました。でもこのぐらいの量でしたので美味しく頂きました。私は柔らかくプリプリした阿波尾鶏の方が好みでした。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

〆の祖谷そば。つなぎを使っていないお蕎麦です。余分なものを入れてない素朴なお蕎麦で美味しかったです。

和の宿 ホテル祖谷温泉 料理

選べるデザート。私はいちごのムースを選びました。奥には次男Sの抹茶プリン。

まめおはぎ
まめおはぎ

一通りの食事を食べて大満足です。スタッフの方の対応も素晴らしかったです。


ケーブルカーで行く 源泉かけ流しの露天風呂

祖谷温泉は四国では珍しい源泉かけ流しです。源泉好きの夫にとっては、これがメインです。館内にケーブルカー乗り場があり、約170m下の露天風呂まで傾斜角42度の断崖を、5分かけて下ります。

和の宿 ホテル祖谷温泉 露天風呂※お風呂は撮影禁止なので公式HPより

洗い場などはなく、お湯でさっと流して湯につかるだけのお風呂です。露天風呂は渓谷の湯とせせらぎの湯の2つあり、1日交代で男女入れ替わるそうです。私は渓谷の湯(↑)につかりました。すぐ側に川が流れており、自然の中で川の音を聞きながらのお風呂が最高でした。ぬるめのお湯なのですが、私は普段からぬるめの人なので問題なし。

こちらの源泉はぬめりのあるお湯。その性質は古い角質を柔らかくし、優しく除去してくれるそうです。聞いているだけで嬉しくなるお湯です。(-^艸^-)

泉質 アルカリ性単純硫黄温泉
成分 ナトリウム、塩素、カリシウム、炭酸などの各イオンのほか硫黄分を含む
効能 神経痛、リューマチ、外傷、婦人病、美容、健康疲労回復に最適

肌本来の持つ「自然治癒力」を高め、内側から綺麗になるそうですよ!女性の方にオススメ!

貸切露天風呂もありましたが、1回の利用で60分。1日3組までで、予約がいっぱいでした。利用したい方は早めに予約しないといけないですよ。

ホテル内にも大浴場があり、そちらにも行きましたが、最初から最後まで私1人で貸切でした。ホテル内の大浴場、お部屋のお風呂も温泉の湯との事でしたが、谷底からホテルまで引き上げて、くみ上げたお湯を温め、ろ過して循環しているそうです。ですので成分的に少し劣っているとの事。なるべくなら、谷底までケーブルカーで行って温泉を楽しむことをおすすめします。

『Café Dining HANA』での朝食 和食・洋食の2択です

朝食も夕食と同じ『Café Dining HANA』でいただきました。和食・洋食から選ぶことが出来ます。

和の宿 ホテル祖谷温泉 朝食

和食です。土鍋の中は野菜の蒸し物と豆腐だったと思います。品数はあまり多くないようでした。

和の宿 ホテル祖谷温泉 朝食

こちらが洋食。私が注文したのですが、『洋食の方が良かったな~』という声がありました。土鍋の中は目玉焼きやベーコン等です。あとパンがお替り自由で付いてきます。

和の宿 ホテル祖谷温泉 朝食

山の景色を一望しながらの食事は、いつもと違う朝食で美味しくいただきました。

朝食のあとは急いで準備してチェックアウトです。チェックアウトは11時!この後高知県に行く予定がありましたので、早めにチェックアウトしました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 まとめ

部屋に関しては4人で滞在だったので、狭さを感じましたが、2人くらいでなら十分かなと思います。『GO TO トラベルキャンペーン』利用でお得に宿泊できましたが、本来なら客室やプランを選びたかったです。空室が少なくて残念!次回宿泊する事があれば、『露天風呂・足湯付 特別室 雲の上スイート玉響』に宿泊してみたいです!

今回おばあさんを連れての旅行だった為、エレベーターが無い事でおばあさんが大変そうでした。キャリーバッグを二つとあとそれぞれのバッグ等、荷物が多かったのですが、帰りは自分たちで荷物を持って階段を下りましたので、チェックアウト時は私たちも大変でした。今後何か改善して頂けると嬉しいかな、と思いました。

和の宿 ホテル祖谷温泉 特別室※公式HPより

ホテルの周りには何もないです。その分何も考えない時間を与えてくれました。ホテルでゆっくり過ごす目的で宿泊されるといいかなと思います。機会があればぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか。

和の宿 ホテル祖谷温泉
住所■〒778-0165 徳島県三好市池田町松尾松本367-28
電話■0883-75-2311
チェックイン■15:00
チェックアウト■11:00
支払可能クレジットカード■VISA、JCB、American Express、UC、DC、Master Card、Discover、楽天カード、ANA、JAL、デビットカード、銀聯カード


ブログ村のフォローもお願いします 😀 応援クリックして頂けると励みになります!
まったり大人のおでかけ Vlog - にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ リラックスした暮らしへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました