高知県 橋本食堂で昼ご飯🍜須崎名物 鍋焼きラーメン

鍋焼きラーメン橋本食堂 未分類

前回の続き、『道の駅なかとさ』を出て高知2日目は高知市内に行きます。

高知市内に行く前に寄りたかったお店。

『鍋焼きラーメン橋本食堂』へ!

前に行った鍋焼きラーメンは『千秋』🍜

朝ごはんに鍋焼きラーメン『千秋』鍋焼きラーメンってどうなん?
高知と言えば鰹。 高知では、ひたすら鰹の藁焼きを食べますが、鍋焼きラーメンと言うものも有名です。 高知駅のすぐ近くの『JRクレメントイン高知』に宿泊してて、 ホテルの朝食を食べる事もできたんですが、ここに来ようと決めてまし...

また違うお店のラーメンも食べたくなりました😄

夫が橋本食堂に行ってみたいとの事でここに決定!

鍋焼きラーメン橋本食堂

グーグルマップに従って狭い道路を進むと、そこは民家の中です。

お店を見つけて前にある1台分だけ空いていた狭ーい駐車場に車を停めて到着!

駐車場は8台分ぐらいだったかな?外で待っている客もいないようだったので、

「空いててよかった~」と思いながら店内に入ります。

鍋焼きラーメン橋本食堂

店内を見てびっくり😲

結構席数のある店内は満席状態です。

どうだろう、20~30人くらいのお客さんがいるのかな。

裏側しか見れてないけど、奥には物置風の座敷もあるみたいです。

メニューは鍋焼きラーメンとご飯の大中小、ビールとシンプル。

ラーメンの大きさは選べるようで、普通580円、大680円、特大800円でした。

注文してしばらくすると、鍋敷きとタクワンとレンゲが配膳されました。

鍋焼きラーメンの定義でタクワンがついてこないといけないのです。

鍋焼きラーメン橋本食堂

お店が混雑している割には早くラーメン鍋が到着。

蓋を開けてみると、ぼわっと勢いよく湯気が立ち上がりました。

鍋焼きラーメン橋本食堂

ぐっつぐつのラーメン🍜

具は定義どおり、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわです。

鍋焼きラーメンの定義とは、

  • スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
  • 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
  • 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
  • 器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
  • スープが沸騰した状態で提供されること
  • タクワン(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
  • 全てに「おもてなしの心」を込めること

卵は沈んでるけど入ってます。

鍋焼きラーメン橋本食堂

こっちは私のラーメンで普通サイズのもの。

鍋焼きラーメン橋本食堂

鳥出汁の透明な醤油スープは、ややあっさりめ。

しつこくなくサラッとしてます。

私が好きなのは親鳥の肉。

子供の頃から大好きでよく食べている鶏肉。

柔らか~い鶏肉と違い、こりっとした歯ごたえがいい👍

鍋焼きラーメン橋本食堂

肉が細かいけど、どうしても食べたいので、がんばってすくいます。

卵は崩したり、つけ麺風にしたり色々ですが、

夫はつけ麺風。私はグツグツの内に崩して固めて食べました。

細麺のストレート麺でスープがさらっとしてて美味しく、全部いただきました。

本当は残ったスープにご飯を入れたいところですが、お腹がいっぱい😌

ごちそうさまでした。

熱々でくるので、気を付けて食べてください。

口の中火傷しそうになります🥲

鍋焼きラーメン橋本食堂

運よく駐車場に停めれて、運よくすぐ座る事ができましたが、

行列ができる程の繁盛店なので、並ぶ前提で訪れた方がいいかもです。

またこよ。

鍋焼きラーメン

橋本食堂

住所 高知県須崎市横町4-19
電話 0889-42-2201
営業時間 11:00~15:00
定休日 日曜日

ブログ村のフォローもお願いします 😀 応援クリックして頂けると励みになります!
まったり大人のおでかけ Vlog - にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ リラックスした暮らしへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました